インプラント治療例

症例1: 左側下顎遊離端欠損症例に対するインプラント治療

左下6、7番 側方

こちらの患者様は、左下の奥歯を失くし入れ歯を入れられていましたが、うまく噛めないということでインプラント治療を行いました。今では右でも左でも好きな側で食事を楽しむことができるようになったとおっしゃっています。

症例2: 右側上顎中間欠損症例に対するインプラント治療

▼右上5番 側方 ▼左下6、7番 側方

こちらの患者様は、右上の小臼歯を根の病気により抜歯しました。両側の歯を橋渡しにするブリッジの治療方法もありますが、両側の歯の負担を強いることになるので、インプラント治療を行い、抜いた場所は抜いた場所だけの問題として解決しました。

症例3: 右側下顎中間欠損症例に対するインプラント治療

▼右下 第一大臼歯

こちらの患者様は、右下の第一大臼歯を以前に抜歯しており、右側で満足に噛めずに悩んでいたようです。ブリッジにすることも考慮したが、手入れの容易さからインプラント治療を行い、左右バランスよく噛むことができ満足しているとのことです。

症例4: All on 4によるインプラント治療

▼All on 4によるインプラント治療

こちらの患者様は、以前、外出中に下の義歯が割れてしまいそれ以来安心して外出ができないとのことでインプラントを希望されました。インプラント4本の上に固定式の(上部構造)人工の歯なので取り外す必要もなく、固いものもよく噛めます。

インプラントについてお聞きになりたいこと、不安に思っていること、質問を何でもどうぞ。
お電話はもちろん、お気軽にメールでお問い合わせください!専門医師がメールで回答いたします。

地図

お気軽にお問合わせください

メールお問合わせ

アクセスのご案内

診療時間

【平日】
午前/AM 9:00-PM 13:00
午後/PM 14:30-PM 18:30
【土曜】
午前/AM 9:00-PM 12:30
午後/PM 13:30-PM 17:30
【休診日】日曜・祝日

インプラントメール相談

伊藤歯科医院オフィシャルサイト

インプラント治療を知る

  1. インプラントって?
  2. このような方にオススメです
  3. 治療の手順
  4. 骨量が少ない場合
  5. インプラントの保証
  6. インプラントのリスク
  7. 自分の歯との違い
  8. 歯を抜けたままにしていると?
  9. 治療法比較
  10. 60歳からのインプラント
  11. 30歳からのインプラント
  12. 治療期間を短くするには
  13. メンテナンスについて

活動報告

メンテナンスについて

ページの先頭へ